LOCAL GROWTH 独自性を活かした成長拡大戦略

著者:荻原 猛、北川 共史、真野 勉、山口 拓己
定価:2,068円(本体1,880円+税)
体裁:四六判/224ページ
ISBN:978-4-295-40946-5
発行:株式会社クロスメディア・パブリッシング(クロスメディアグループ株式会社)


Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4295409464/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17757964/

どんな企業でも、自社の商品やサービスの魅力を広く伝えることができる。日本中、世界中のお客様に買ってもらえるようになる。地方企業が成長することで、日本全体が元気になる。そんな未来図を、著者4人が「EC」「デジタルマーケティング」「PR」「経営」の見地から描きます。
また、実際に地方から全国、世界への展開を果たした企業のキーパーソンとの対談も収録。専門的なノウハウとビジネスの現場にこそ生まれるストーリーの両面で、成長のヒントをお届けします。

LOCAL GROWTH CONSORTIUM発足イベントのお知らせ

LOCAL GROWTH CONSORTIUMの発足に伴い、地方企業の方々に向けて、地方発全国、日本発世界に挑戦する地方企業の方々をゲストに招き、LGC幹事各社の代表を交えて、地方企業の全国展開、世界進出をテーマにしたトークイベントを開催いたします。詳細は以下をご覧ください。

◇開催日時・会場・実施形式・参加費

開催日時2024年4月25日(木)14:00~16:00(13:30開場)
会場・PR TIMESオフィス(東京都港区赤坂一丁目11番44号 赤坂インターシティ8階)・オンライン配信(Zoom)
実施形式リアル、オンライン配信(Zoom)の同時開催
※リアル会場でのご参加は会場の関係から抽選で20名様までとなります。
参加費無料
申込みサイトhttps://local-gc.jp/local-growth-consortium-event/


14:10〜14:45 「地方発全国、日本発世界」の成功者

株式会社シュゼット・ホールディングス
代表取締役社長 蟻田 剛毅

1974年、兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、株式会社電通に入社。在籍中に早稲田大学大学院に入学し、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修了。卒業後、電通も退社し、2007年、父親の蟻田尚邦氏が起業した、アンリ・シャルパンティエ(当時)に入社。副社長を経て、2011年6月から現職。

株式会社PR TIMES
代表取締役社長 山口 拓己

愛知県出身。大学卒業後、山一證券、アビームコンサルティングなどを経て 2006 年にベクトルに入社。同社取締役 CFO に就任。07年にプレスリリースサービス「PR TIMES」を立ち上げ、PR TIMES の代表取締役社長に就任。2016年3月に東証マザーズに上場、18年9月に東証一部へ。20年1月にグッドパッチの社外取締役に就任(22年11月退任)、同年6月に東証マザーズに上場。同年 11月に地元豊橋市未来創生アドバイザー就任。

14:45〜15:20 「地方発全国、日本発世界」へのデジタル活用の挑戦者

有限会社九南サービス
代表取締役 田中 耕太郎

タマチャンショップ店長兼キャプテン。小さな椎茸農家からスタートし、今では雑穀やナッツ、スーパーフード、お茶、そしてオリジナルの健康食品やコスメなど、「食」に関するさまざまな商品を扱っている。タマチャンショップがお届けしたいのは、『しあわせ食』。安心・安全で、おいしく栄養いっぱいの「食」を楽しみながら、健康に、美しくなれる。みんなが笑顔になれる「しあわせ食」をテーマに、地元・九州はもちろん、全国各地から上質な食材を厳選し、独自に商品開発も行なう。

株式会社SUPER STUDIO
取締役 CRO 真野 勉

1987年、東京都出身。 青山学院大学を卒業後、 ITベンチャー企業へ入社し、セールスとして同社の東証マザーズ上場に貢献。 2014年にSUPER STUDIOを共同創業し、現在はCROとして企業間のアライアンスをリードしている。

15:20〜15:55 「地方発全国」の挑戦者

株式会社津田商店
代表取締役社長 津田保之

岩手県出身。大学卒業後、食品商社で営業職を経て釜石にUターン。岩手県釜石市で祖父の代から水産加工業を営む津田商店に入社1998年、社長に就任。50年以上にわたって全国の学校給食を提供し、子どもがおいしく食べられるお魚を追求してきたノウハウを活かしD2Cブランド「子どもようおさかなさん」を立ち上げ、2023年8月にECサイトをオープン。

ソウルドアウト株式会社
専務取締役 COO 北川 共史

1984年生まれ。2007年に株式会社オプトへ入社。2010年にソウルドアウトの立ち上げに参画。東日本・西日本営業部長・営業本部長を歴任し、2018年より営業執行役員に就任。デジタルマーケティングの課題解決力を武器に、全国の中堅・中小企業を最前線で支援し続ける。2019年4月より上席執行役員CRO(=Chief Revenue Officer、最高売上責任者)に就任。2021年3月にはグループ執行役員マーケティングカンパニープレジデント、2023年4月に取締役兼CCO、そして2024年4月より専務取締役 COOに就任。

株式会社ロケットスター
代表取締役社長 荻原 猛

ソウルドアウト株式会社の創業者(売上250億円、従業員500人、2022年度)2023年4月に3度目の起業。株式会社ロケットスターを立ち上げる。 <経歴> 1973年生まれ。大学卒業後に起業するも失敗。インターネットの魅力に気付き、2000年株式会社オプト入社。2006年広告部門の執行役員に就任。2009年ソウルドアウト株式会社を設立し代表取締役社長に就任。2017年マザーズ、2019年東証一部上場。2022年3月博報堂DYホールディングスによるTOBにて子会社化。1年間のPMIを経て取締役退任。2023年4月株式会社ロケットスターを50歳で起業。

各Session共通モデレーター

クロスメディアグループ株式会社
代表取締役 小早川幸一郎

ビジネス書出版社での編集職を経て、2005年に(株)クロスメディア・パブリッシングを設立。以後、編集力を武器に「メディアを通じて人と企業の成長に寄与する事業を行い、社会に新しい価値を提供する」というビジョンのもと、クロスメディアグループ(株)を設立。出版事業、マーケティング支援事業、メディア事業、アクティブヘルス事業を展開中。編集者としては、約30年間で800冊以上の企画・制作に携わる。近年は『新規事業と多角化経営』『人間主義的経営』『これからのデザイン経営』など、最先端の経営をテーマにした書籍の編集を行う。