• HOME
  • 企業出版の費用ってどのくらい?
第4章
出版社選びのポイント
01

企業出版の費用ってどのくらい?

企業出版って何に費用がかかるの?

ここの部分が、一番気になるところかもしれません。企業出版の費用感について今回はお話をしていきます。まず、企業出版をするときに何に費用がかかるのかをみていきましょう。
大まかに見て、以下の項目で経費がかかります。

 

もちろん、ライターやカメラマンの質を上げれば、その分費用は上がりますし、
ページ数、ハードカバーなどの装丁や製本を豪華にすれば、費用は変わってきます。さらに、出版社のブランドによって費用も大きく異なってきます。

企業出版の概算は?

では、相場ではいくらなのでしょうか。
目安としては、単行本を製本して全国の書店に流通させるという前提ですと、300万~1000万くらいが相場だと思われます。

ただ、サービス内容が自分にとって本当に必要かどうかは見極める必要があります。見極めるためにも、サービス内容について実際にお話を聞くことをお勧めします。
情報を集めたうえで、必要か必要でないかを判断し、自分に合わせてカスタマイズしていきましょう。
また、企業出版の印税に関しては、会社によって異なります。初版よりお支払するケースもありますが、ないケースもあります。印税率も、5%~10%と差があります。印税というのは、企業出版ではメインの目的ではありません。しかし、事前に確認しておいた方がいいでしょう。

第4章
出版社選びのポイント
02