書籍で、
マーケティングとブランディングは
実現できる!

  • HOME
  • 企業出版の効果

なぜ、今、企業がこぞって書籍の出版をするのか?

モノと情報が溢れる昨今、どの媒体を用いて、どれだけ信頼度の高い情報にアクセスするかが重要となってきています。 信頼度の高い情報にアクセスする情報収集方法といえば、何が思い浮かぶでしょうか。近年、経営者間でひそかに注目を集めているのが書籍なのです。 WEBでの信頼度が低い情報が非常に多い中で、長い歴史を持つ書籍に対する信頼度はより高まっています。

そこに目をつけた経営者は、営業マンには「営業ツール」として、人事担当には「採用・育成ツール」として、 企画・広報・マーケティング部には、「広告・マーケティングツール」として、書籍を有効活用しております。創業時の苦労や成功、自社サービスへの思いやストーリーを一冊の書籍にまとめることで、 マーケティングとブランディングを実現します。

書籍は、最高のコンテンツマーケティング

自分で情報を探せる時代になった今、広告や営業による売り込みはスルーされることが多くなりました。
そこで近年注目されているのが、コンテンツマーケティングという手法です。コンテンツマーケティングとは、読者の求めるコンテンツを作成し、読者の消費行動を促すことを目的とする施策です。コンテンツという言葉は、ウェブというイメージがあります。しかし、書籍こそ、読者が求める情報が膨大に詰まっている最高のコンテンツです。その書籍を、集客や自社のファンを増やすためのツールとして活用する企業が増えています。

また、書籍が読者と出会う場所は全国の書店、Amazonなどネット書店、自社HP、イベントなどと多岐にわたるため、顧客との出会いの幅を広げるというメリットがあります。私たちは全国各地の書店と提携して、強い信頼関係を築いております。 従って、クライアントのニーズに合わせてエリアを指定したり、重点的に流通させたり、臨機応変な「流通力」を持っているので、効率よい形で顧客との出会いを生み出します。

さらに、出版すると他メディアに波及したり、大々的にイベントにつながるので、さらに大きなPR効果も見込めます。弊社の「書店営業」のスペシャリストが書店でのPR戦略を立てます。店頭にて並べる棚のジャンルや位置まで細部に拘ります。そこからWEB、PR、新聞広告、SNS、電車広告などを効果的に組み合わせた広く拡散するための戦略を立てていきます。弊社ではこれまで、お客様のニーズを超えるような成功事例も多く存在しています。

書籍がどのようにブランディングを実現するのか?

本を書いている人に、「すごい」というイメージをお持ちではないですか?
企業出版が他の広告媒体と異なる点は、まさにここなのです。出版すると、読者から見ると「専門家」「プロフェッショナル」「先生」という立場になり、著者自身の信頼感を圧倒的に高めます。さらに、企業理念や自社の商品の魅力を書籍という形で伝えることにより、競合他社との圧倒的差別化を実現し、ブランディングを達成していきます。

我々はまず、お客様の事業、目的、成果、そして、期待などを詳細にヒアリングさせて頂きます。 それらをもとに、数多くのベストセラーを手がけてきた編集者たちが見込み客にピンポイントで届くような「企画」へと落とし込みます。 落とし込んだ企画に対して、執筆の得手不得手に依存しないよう、プロの編集者の「編集力」によって、執筆のコツやコンテンツ制作をサポートし、 御社の商品・サービスの魅力を最大限引き出す素材へと変化させます。出版という事実と質の高い書籍こそが、企業のブランディングを後押しするのです。

お客様の目的や予算に合わせた効果的な出版方法をご提案可能ですので、
会社の本を出したいとお考えの方はお気軽にご相談ください。