1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. 会計がわからない課長はいらない

出版実績

会計がわからない課長はいらない

会計がわからない課長はいらない

会計を使った12の分析手法でマネジメント力UP

課長は上と下の間に立ち、目標達成のため最前線に身を置く重要なポジションです。しかし、ほとんどの課長は上から降りてきた目標数値にしたがって、対前年と比較した目標設定を部下に振り分けるだけといった、管理とは名ばかりの状態。それもそのはず。上に疑問をぶつけるのにも、下を説得してやる気にさせるのにも、根拠がありません。その根拠となる自社の数字の見方を知らないからです。この本は、会計知識を使って根拠となる数字を把握しマネジメントに活かすための課長のための会計入門書です。

著者紹介
木村俊司(きむら・しゅんじ)
1995 年、神戸大学経済学部卒業。大学卒業後、製造業(東証一部上場)の営業職を経て、公認会計士試験に1度で合格し、上京。1999 年、監査法人に入社。中小規模株式公開支援、上場会社への監査・税務・経理管理コンサル業務に従事。2004 年、投資ファンド運営会社に入社。再生事業業務に従事、投資先の役員として、事業計画策定、各種業務改善を実行し、投資先の再生を果たす。その後、再び監査法人を経て、2008 年、木村会計事務所、(株)プラスバリューコンサルティングを設立し、現在に至る。主な著書に、『決算書が読めない社員はいらない』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。
木村会計士事務所ホームページ http://www.kimuracpa.com/

著者:木村俊司
定価:本体1480円(税別)
発行日:2014/5/15
ISBN:9784844373605
ページ数:256ページ
サイズ:四六判(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレスコミュニケーションズ

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

序章 会計って何?
Episode1 会計にまつわる大いなる勘違い
01 会計には2つの種類がある——財務会計と管理会計
02 会計を仕事に使う3つのシチュエーション

第1章 間違いだらけのマネジメント
Episode2 2つの報告書の差に背筋が凍る
01 部下が値引きしたらどうなる——売上と利益の関係
02 課長が管理すべき利益とは?——売上利益と営業利益の違い
03 間違えると痛い売上・費用計上のタイミング
04 仕入れは費用にならない?
05 利益がでても会社が潰れる?——利益とお金の関係
06 売上金額が回収できないとどうなる?
07 在庫を持ったときのリスクはどうなる?

第2章 課長が知っておくべき決算書の知識
Episode3 決算書に悪戦苦闘
01 決算書とは?——財務3表
02 会社の業績を読み解く——損益計算書
03 会社の財務状態を読み解く——貸借対照表
04 会社のお金の動きを読み解く—キャッシュ・フロー計算書
05 決算書を深く理解するポイント——財務3表の関連性
06 キーポイントはお金の動きを中心に考えること
07 収益性を読み解く7つのポイント
08 安全性を読み解く7つのポイント
09 決算書で得た情報から対応策を導きだす

第3章 儲けの仕組みを理解する
Episode4 これで儲けはいくらになるの?
01 損益の分岐点を見極める——CVP(損益分岐点)分析
02 固定費と変動費を区分する
03 販売強化すべき商品の分析——限界利益率
Episode5 人生初の事業計画
04 投資判断するときの基本——損益計画をキャッシュ・フロー計画に
05 投資に対する利益を算出する——ROI分析
06 投資で得られるお金を算出する——正味現在価値法
07 投資の役回りを算出する——内部利益率法

第4章 上から降りてきた予算を上手に組み立てる
Episode6 予算は単なる数字合わせじゃない
01 予算とは?——予算を管理する2つの損益計画
02 上手な予算の組み方
03 予算作成をシュミレーションする

第5章 予算達成を実現する会計マネジメント
Episode7 気持ちと数字の関係
01 会計とPDCAを組み合わせる
02 目標設定からすべてがはじまる
03 よい予算計画に仕上げる5つの5つのポイント
04 確実に実行に移すための3つのポイント
05 部下のやる気を引きだす進捗管理の方法
Episode8 あれから五ヶ月が経ち・・・

関連記事