1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. ぜんぜん 気にしない技術

出版実績

ぜんぜん 気にしない技術

ぜんぜん 気にしない技術

中卒起業家とハーバード卒、異色の2人の共通項は「ひたすら自分に正直なこと」

家入一真 ・家が貧乏 ・最終学歴は中卒 ・いじめに遭い、ひきこもる ・遅刻、ドタキャン常習犯 森田正康 ・家が小金持ち ・学歴フェチ ・12歳で渡米、言葉が通じない生活をしいられる ・大学教授 こんな何の接点もない2人ですが、人生の紆余曲折を経て、現代のストレスフルな世の中で活躍しています。そんな2人に共通するものは“自分への正直さ”。 世の中は“気にしい”な人で溢れています。“気にしい”な人は、「嫌われたくない」「失敗したくない」「自信がない」「他人が羨ましい」「怒られたくない」などなど、挙げはじめたら切りがありませんが、自分の気持ちより他人や世間を優先してばかり。 だけど、実は「こうしたら、ああなる」「ああしたら、こうなる」というのは、“思い込み”や“考えすぎ”であることがほとんど。 この本は、2人の著者がそれぞれの人生を生きてきたなかで磨かれた「ぜんぜん気にしない技術」を紹介することで、読者のみなさんが“思い込み”や“考えすぎ”にとらわれない、人生を楽しくするためにほんのちょっぴりだけ自分に正直になれるような1日の授業として構成されています。 1時間目~6時間目まで、1日の授業を終えたら、あなたの見ていた世界が少しでも違って見えたら幸いです。

著者紹介
家入一真 × 森田正康(いえいり・かずま × もりた・まさやす)
家入一真(いえいり・かずま)
1978年福岡県生まれ。中学2年から高校3年まで引きこもりを経験し、その後深夜バイトや新聞奨学生を経て起業。国内最大手のレンタルサーバー 「ロリポップ!」をはじめ、「ブクログ」「CAMPFIRE」「BASE」など、数々のトップサービスを立ち上げる。2007年、JASDAQに当時最年少上場。現在はベンチャー企業へ投資を行うかたわら、起業集団「Liverty」代表として活動している。著書に『新装版こんな僕でも社長になれた』『15歳か ら、社長になれる。ぼくらの時代の起業入門』(イースト・プレス)『お金が教えてくれること』(大和書房)などがある。

森田正康(もりた・まさやす)
1976年、愛知県生まれ。株式会社ヒトメディア代表取締役社長兼CEO。12歳から渡米し、UCバークレー、ハーバード、ケンブリッジなど海外の大学・大学院を渡り歩く。ハーバード大学教育学修士、ケンブリッジ大学哲学修士。25歳のときに日本に帰国し、語学系出版社の第2次創業メンバーとして取締役に就任、2006年にはJASDAQ上場を果たす。その後、株式会社ヒトメディアを創業し、今日に至る。その他にも京都情報大学院大学応用情報技術研究科教授、非営利活動法人教育支援協会理事など、国内外の企業経営、プロサッカーチームの経営、大学教授、教育機関など複数の役職を経験。クロスメディア展開による新しい教育の形を創造するための活動を行っている。著書に『僕たちは知恵を身につけるべきだと思う』(クロスメディア・パブリッシング)『エリートを超える 凡人のための人生戦略ノート』(かんき出版)などがある。

著者:家入一真 × 森田正康
定価:本体1280円(税別)
発行日:2013/12/13
ISBN:9784844373346
ページ数:208ページ
サイズ:127×188(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレスコミュニケーションズ

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

朝の会

1時間目 世の中
夢も希望もただの荷物
 「夢も希望もありません」
きみの耳もロバの耳
 「批判がされたのが気になって眠れません……」
世間はそこまで期待できたものじゃない
 「世の中は冷たいと思います。もっと親切にならないですか?」
それは昔からの永遠のテーマ
 「『最近の若者は』ってバカにされます」
水の泡となって消えた努力のゆくえ
 「がんばっている人が報われないのはおかしいと思います」
責任転嫁をしているのは、きみも一緒
 「今後の政治が不安です…」
世間はそれほど単純じゃない
 「マナー違反、困っている人を見て見ぬふりして後で後悔します」

2時間目 自分
世渡り上手のしくみ
 「要領のいい人間に憧れますがなれません」
時間の使い方
 「あれもこれもやりたいけど時間が足りません」
「発言」と「責任」の関係
 「優柔不断で他人の意見に流されてばかりです」
面白い人が得をするとは限らない
 「面白いことが言えなくて、つまらない人と思われてそう」
一人を愛する寂しがり屋です
 「暇だと落ち着きません」
期待値の高さが苛立ちを生む
 「イヤなことがあるとついついイライラしちゃいます」

3時間目 人間関係
ダメ人間ブランディング
 「『気が利かない』ってよく言われますがダメですか?」
「お付き合い」の線引き
 「飲み会には行かなくてもいいですか?」
謝罪は先手必勝
 「人に謝るのが苦手です」
負のエネルギーを受け流す方法
 「怒られると、すぐに心を閉ざしてしまいます」
選択肢のその向こうにあるもの
 「『私と仕事どっちなの』と言われて困っています」
世の中ときみの関係
 「いつも周りの目を気にしてしまいます」
好かれようとしないこと
 「嫌われるんじゃないかと不安です」
見える化した人間関係
 「twitterやfacebookでつぶやいても反応がありません」
「人見知り」の罠
 「初対面の人となかなか仲良くなれません」

4時間目 仕事
「安定」という矛盾
 「やっぱり大企業で働きたいです」
仕事のやりがいとその犠牲
 「仕事にやりがいが見つけられません」
組織の中の自分
 「仕事ができないダメな上司に腹が立ちます」
リーダーの資質
 「プロジェクトのリーダーに抜擢されたけど不安です」
自由になるために捨てるもの
 「自由って、なんですか? 私も自由になりたい」
「人脈」と「金脈」
 「いざというとき頼れる人脈がありません」
日本人の英語観
 「英語をしゃべれないけど、このままで大丈夫かな?」
あなたの完璧と他人の完璧
 「完璧にしたくて一つの仕事に時間をかけすぎてしまいます」

お昼休み

5時間目 理想と現実
才能と成功の違い
 「才能がないので人生あきらめています」
0と1の間にある無数の可能性
「会社を辞めるか辞めないか迷っています」
半径5メートルの世界に目を向ける
「世の中の役に立つ仕事をしたいです。どうしたらいいですか?」
サーバー管理の向こうにあるもの
「失敗したくない、失敗したくない、失敗したくない」
やりたいことをやる力を持つ
「今の会社でやりたいことができないので転職を考えています」

6時間目 お金
「お金」と「しあわせ」
 「お金を持っている人は勝ち組ですよね」
貯金するリスク、貯金しないリスク
 「貯金してないです、ヤバいですか?」
楽(ラク)とお金とリスクの関係
 「ラクして稼いでいる人がうらやましいです」
正しいお金の使い方
 「ついついお金を使っちゃいます」
「給与」と「稼ぎ」はまったく別物 
 「給料が上がりません。もっと稼ぎたいです」
新しい評価軸で考える
 「他人の年収が気になります」
お金と人間関係
 「おごったり、おごられたりする関係に疲れました」

帰りの会

関連記事