1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. 大手とケンカしても負けない、 経営逆転のヒントあります。

出版実績

大手とケンカしても負けない、 経営逆転のヒントあります。

大手とケンカしても負けない、 経営逆転のヒントあります。

この本の内容通りの経営をすれば、絶対赤字にはなりません!

著者の島倉です。小さな会社やお店が大手に勝つには、孫子の兵法に「勝ちやすきに勝つ」とあるよう に、大手と同じ土俵で戦うのではなく、大手が苦手なところ、弱いところで勝負するのが大原則です。そん な原則から生まれたのが次の「小さい会社の逆転戦略」です。 【小さい会社の逆転戦略】→「戦力の集中による一点突破」「非常識への挑戦」「超・地域密着経営」「脱 ネットマーケティング売らない営業」「人材に頼らない組織」「ワークライフ・アンバランス」など。 全国述べ 1,000 社以上のクライアントが実践して勝利した「成功保証付」とも言えるものですから、あな たの会社もこれらの戦略を実行すれば確実に逆転勝利することができます。

著者紹介
島倉大輔(しまくら・だいすけ)
株式会社マーキュリーコンサルティング 代表取締役、経営コンサルタント。外資系、国内独立系コンサルティング会社を経て独立。中小・ベンチャー企業の経営者を対象に、「会社の発展」と「人生の成功」を実現するための支援を行なっている熱血硬派の経営コンサルタント。現場に深く入り込み、伴走者として社長と一緒に走りながら、時には激を飛ばして成果があがるまで密着支援を行なっている。過去に支援してきた会社は全国延べ1,000社以上。あらゆる業界で勝ち組企業を生み出している。

著者:島倉大輔
定価:本体1480円(税別)
発行日:2012/03/11
ISBN:9784844371434
ページ数:192ページ
サイズ:188×130(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレスコミュニケーションズ

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

はじめに

序章 小さい会社の逆転戦略
 1大手の弱点を攻めろ
 2攻撃は最大の防御なり
 3小さい会社の逆転戦略

第1章 戦力の集中による一点突破
 1小さい会社は、戦力を集中させて一点突破せよ!
 2小さい会社は、領域を絞りナンバーワンをつくれ
 3小さい会社は、価格競争に参加するな
 4小さい会社は商圏、客層、商品を絞り込め!

第2章 非常識への挑戦
 1小さい会社は、今の事業がずっと続くと思うな
 2小さい会社は、今のビジネスに手を加えるところから始めろ
 3小さい会社は、古臭いビジネス儲かると思え
 4小さい会社は、この6つの視点で売れるビジネスをつくれ

第3章 超・地域密着経営
 1小さい会社は、地域密着経営で逆転を狙え
 2小さい会社は、地域のインフラを目指せ
 3小さい会社は、お客さんの顔と名前を覚えろ
 4小さい会社は、商圏を絞り込んで深堀りしろ
 5小さい会社は、「売り込み」ではなく「挨拶」をしろ
 6小さい会社は、御用聞き営業で勝負しろ

第4章 脱ネットマーケティング
 1小さい会社は、ネットですぐに集客できない
 2小さい会社は、フェイスブックを活用しろ
 3小さい会社は、見込み客に役立つ情報を発信し続けろ
 4絶対にやってはいけない、見込み客から嫌われるNG行為
 5小さい会社は、メールマガジンの再活用を考えろ

第5章 売らない営業
1小さい会社は「売らない営業」にチャレンジしろ
 2小さい会社は、相手から手を挙げてもらえ
 3小さい会社は、紹介で案件を獲得しろ
 4小さい会社は、「ついで買い」を誘え

第6章 人材に頼らない組織
 1小さい会社は、個人技ではなく、組織力で勝つ
 2小さい会社は、マニュアル化強くなる
 3小さい会社は、「勝ちパターン」をマニュアル化しろ
 4小さい会社は、マニュアルをこうつくれ
 5小さい会社は、社内勉強会を開催しろ
 6小さい会社は、「わかる」から「できる」に行動を変えよ
 7小さい会社は、数値で管理する経営へ転換しろ
 8小さい会社は、教育と評価を連動しろ

第7章 ワークライフ・アンバランス
 1小さい会社の社長は、仕事に人生すべてをかけろ
 2小さい会社の社長は、長時間労働で勝負
 3小さい会社の社長は、毎朝4時起きでスタートを切れ
 4小さい会社の社長は、家族円満に努めろ

おわりに

関連記事