1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. 頭がいい人、仕事ができる人の学び方

出版実績

頭がいい人、仕事ができる人の学び方

頭がいい人、仕事ができる人の学び方

学びを成果にする、アウトプット・ラーニングのすすめ

あなたの周りにも「頭がいい人、仕事ができる人」っていませんか?このような人は、どのように学び、どうやって成果に結び付けているのでしょうか? この本では、ただ効率・効果的に学ぶ方法を述べるのではなく、学んだことを成果に結びつける方法を述べていきます!他の勉強法本より一歩進んだ内容をあなたに!

著者紹介
関根雅泰(せきね・まさひろ)
株式会社ラーンウェル代表取締役
1972年埼玉県生まれ。高校卒業後、単身アメリカに渡る。南ミシシッピー大学を優秀学生として卒業。専攻は国際関係学と文化人類学。小中学生向け学習教材の訪問販売会社、企業内研修会社の営業と講師を経て、2005年に”学び上手を育成する”ラーンウェルを設立、代表に就任。日経ビジネススクール、大手企業、商工会議所等での研修・講演実績多数。

著者:関根雅泰
定価:本体1300円(税別)
発行日:2007/11/30
ISBN:9784756911391
ページ数:190ページ
サイズ:188×127(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:明日香出版社

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

はじめに

【 第1部 】アウトプット・ラーニングのすすめ!
仕事で成果を出すには?
 1.まずは成果をイメージする
 2.達成までのプロセスを考える
 3.成果を出すまで行動する
できる人は皆、学び上手
 1.仮説を立てるためには「学ぶ力」が必要
 2.試行錯誤や変化に対応するためには「学ぶ力」が必要
 3.他者の協力を得るためには「学ぶ力」が必要
できる人は、何から学んでいるのか?
 1.自分の経験から学ぶ
 2.周囲の人々から学ぶ
 3.先人の知恵から学ぶ
学び上手のIPOサイクル
 1.インプット(入力)
 2.選別
 3.プロセッシング(整理)
 4.実践
 5.アウトプット(出力)
 6.内省と教訓
「学びのリソース(資源)」から上手に学ぶために
 1.「自分の経験」から学ぶために
 2.「周囲の人々」から学ぶために
 3.「先人の知恵」から学ぶために
できる人は、周囲から好かれる
 1.周囲から好かれる人とは?

【 第2部 】学び方を学ぶ12のショートストーリー
第1話  なぜ、あの人は人の話が聞けないのか?~学びマインド~
第2話  「三匹の子豚」その後~アンテナ感度~
第3話  セミナーおたく~自己満足~
第4話  走りっぱなしのランナー~内省~
第5話  不思議なメガネ~嫌な点は目につくもの~
第6話  考え過ぎの作家~完璧にはなれない~
第7話  人を羨ましがっていると・・・~自己肯定~
第8話  世の中何が起こるかわからない~不確実性と偶然~
第9話  ゲームをする人・ゲームを創る人~正解はひとつではない~
第10話 守るべきはプライド、それとも・・・~自己防衛~
第11話 自分と気があう人ばかり・・・~同質性と多様性~
第12話 天才少年の行方・・・~学ぶ怖さ~

【 第3部 】頭がいい人、仕事ができる人の育て方
頭がいい人、仕事ができる人の成長段階
 1.「初級ランク」の学び上手
 2.「中級ランク」の学び上手
 3.「上級ランク」の学び上手
ランクを引き上げていくために
 1.初級ランクの学び上手になってもらうために
 2.中級ランクの学び上手になってもらうために
 3.上級ランクの学び上手になってもらうために
教える側としておさえておくべき3つのキーワード
 1.相手理解
 2.信頼構築
 3.学習支援
本人の「学ぶ力」を引き出すために
 1.「自分の経験」から上手に学ばせる
 2.「周囲の人々」から学ばせる
 3.「先人の知恵」から学ばせる
仕事で成果を出させるには?
 1.成果イメージを共有する
 2.達成プロセスの立案を手助けする
 3.地道アクションを励ます

おわりに

関連記事