1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. 教養としてのアート 投資としてのアート

出版実績

教養としてのアート 投資としてのアート

教養としてのアート 投資としてのアート

みんなが知りたい! アートの値段。10万円で買った作品は何倍になる?

ビジネスで「アート」が注目されている。先の見えない時代だからこそ、
論理ではなく感性がキーになる。その流れの中でアート思考が
ビジネスの現場で使われ、アートの教養も問われ始めている。
本書は、みんながわかっているようで、じつはわかっていない、
アートの世界を「教養」と「投資」という切り口で紹介していく。
著者はタグボートというECサイトを運営し、現代アートを取り扱い、
日夜アートの啓蒙活動をしている。
「投資」という視点でみると、アートの「教養」も従来のものではなく、
買った後に価値を生むための「審美眼」というものになる。
その審美眼を磨くための情報としてまとめられているのが本書だ。
ビジネス教養は日々急速に変化しているが、本書はその流れを受けて、
「新時代のビジネス教養書」として読んでもらいたいアート本である。

著者:徳光健治
定価:本体1480円(税別)
発行日:2019/4/21
ISBN:9784295402947
ページ数:240ページ
サイズ:188×130(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレス

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

I章 アート・マーケットの現在地
II章 海外アート・マーケットの今
III章 投資としてのアート、その実態
IV章 重要なのは「発明品」と「インパクト」
V章 買ってはいけないアート
VI章 作品だけでなくアーティストを見る
VII章 成功するアーティストとは
VIII章 アートの新しい評価軸
IX章 投資としてのアート購入の鉄則
X章 アート作品の正しい買い方
XI章 楽しみながらアートを買おう
XII章 コレクションをスタートしてみよう
XIII章 ネットでアートを買うということ

関連記事