1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. 図解 2時間でわかる! はじめての家族信託

出版実績

図解 2時間でわかる! はじめての家族信託

図解 2時間でわかる! はじめての家族信託

NHK、フジテレビでも特集!「家族信託」第一人者の決定版。 「家族信託」がこの一冊で丸わかり!

超高齢化社会を目前にして、いま家族信託が注目されています。
認知症で判断力が低下する前に対策することで、
共有不動産の問題、資産の凍結、相続紛争などを防ぐことができます。

また、遺言書や成年後見制度ではカバーできなかった部分にも効果を発揮します。

家族信託は新しい財産の残し方として、大いに期待されています。
本書は、どなたにも2時間でわかるように
B5判のフルカラー、会話形式でわかりやすく学べるよう
に工夫しています。

豊富な事例も満載で、家族信託のイロハを解説します。

相続で悩む人必読の一冊です。

著者紹介
宮田浩志(みやた・ひろし)
宮田総合法務事務所 代表司法書士一般社団法人家族信託普及協会 代表理事認知症高齢者や障害者の法定後見人・任意後見人・後見監督人に多数就任中。家族信託・遺言・成年後見等の仕組みを活用した《認知症による資産凍結回避策》《相続・争族対策》《親なき後対策》について全国の個人・専門家からの相談が後を絶たない。特に家族信託の設計コンサルティングの分野では先駆的な存在で、日本屈指の組成実績と相談件数を持ち、全国で一般向け・専門家向けのセミナー講師登壇も多数。著書に『相続・認知症で困らない家族信託まるわかり読本』(近代セールス社)がある。

宮田総合法務事務所
https://legalservice.jp/
一般社団法人家族信託普及協会
http://kazokushintaku.org/

著者:宮田浩志
定価:本体1780円(税別)
発行日:2018/8/11
ISBN:9784295401186
ページ数:116ページ
サイズ:257×182(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレス

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

プロローグ
1 本書を手にとって頂きたい方とは
2 相続の本質とは
3 「家族会議」の重要性
本書に登場する家族の紹介

第1章 家族信託の基本について理解しよう
家族信託とはなんですか? ~家族の家族による家族のための財産管理~
家族信託の効果をイメージしてみよう ~委任と成年後見制度と遺言の良いとこどり~
家族信託の3大メリット① ~親が認知症になっても柔軟な財産管理ができる~
家族信託の3大メリット② ~遺産の承継者を何段階にも指定ができる~
家族信託の3大メリット③ ~共有不動産のトラブルリスクを解消できる~
家族信託のデメリットとリスクは? ~家族信託の導入に際し注意すべき点~
家族信託と成年後見、どっちを使う? ~家族信託と成年後見制度の比較~
信託銀行の「遺言信託」とはなにが違う? ~信託銀行の「遺言信託」と家族信託の比較~
信託銀行は財産を託す相手か? ~商事信託と家族信託の使い分け~
受託者の相談相手・お目付役 ~信託監督人を活用した仕組み作り~
第1章のまとめ

第2章 家族信託の実際
信託に関する税務① 信託税務は従来の所有権と同じと考えればOK
家族信託に関する税務② 老親所有の不動産の売却を考える
不動産信託と登記簿の記載 ~不動産登記簿にどのように記載されるか?~
受益者が死亡したときの登記簿 ~家族信託の設計によって異なる不動産登記手続き~
現金の信託と信託専用口座 ~将来の預金凍結に備えた金銭の管理~
賃貸アパートを家族信託で管理する ~賃貸不動産を信託する際の実務上の注意点~
受託者が借金して賃貸物件を建設 ~老親に代わり子主導による相続税対策の実行~
受託者が先に亡くなるリスクを考える ~法人を受託者とする長期的な財産管理~
中小企業の経営に家族信託を活用 ~株式信託を活かしたリスク対策と事業承継~
家族信託の導入費用を考える ~専門家報酬も含めた総費用は高いのか?~
第2章のまとめ

第3章 家族信託を活用しよう
家族信託の活用チェックリスト ~こんなケースに当てはまれば家族信託が効果的~
家族信託導入までのスケジュール ~緊急性があるか? じっくり検討すべきか?~
信託契約を公正証書で作成する ~公証役場で作成するまでの手順~
信託契約後にすべきこと ~契約したら終わりではなく、そこからが始まり~
第3章のまとめ

第4章 事例集――それぞれの家族信託
認知症による資産凍結を回避しつつ相続税対策を完遂したい
子のいない夫婦を経由しつつ財産を孫に渡したい
認知症の妻に財産を遺しつつ次の承継者も定めたい
唯一の不動産を平等相続させつつ将来のスムーズな売却にも備えたい
共有不動産を巡るトラブル防止策
中小企業の事業承継対策と大株主の認知症対策
株式を贈与しつつ経営権を保持する事業承継対策
空き家となる実家の売却と売却代金の有効活用
遺言の書き換え合戦を防ぎ遺産分割の生前合意を有効に
親なき後も障害のある子を支えつつ円満な資産承継を実現したい

第5章 相続対策の様々な手段
相続税ってどのくらいかかるの?
数ある選択肢の中から選ぶのが相続対策
遺言は相続対策の基本
生前贈与を活用しよう①
生前贈与を活用しよう②
不動産を活用して相続税を減らす
賃貸経営の法人化のメリット
生命保険を相続対策に活用する
任意後見は相続対策になるか?
第5章のまとめ

関連記事