1. HOME
  2. 出版実績
  3. books
  4. ビジネスパーソンの新・兼業農家論

出版実績

ビジネスパーソンの新・兼業農家論

ビジネスパーソンの新・兼業農家論

都会と地方のよさを合わせた働き方をつくる!


・多拠点生活、地方移住、Uターン・Iターンに興味がある。
・田舎で自然に囲まれて、家族や仲間を大切にしながら暮らしたい。
・「食」や「環境」、SDGsにかかわる活動がしたい。

そんな方に提案したいのが「新・兼業農家」。

従来の農業は「大変で儲からない」というイメージが強いものでした。
しかし今の農業は、工夫次第で「楽しくて、カッコよくて、健康的で、儲かる」!
地方と都会を自由に行き来し、これまでの仕事や興味のあった活動と組み合わせ、相乗効果で成果を上げる働き方を可能にしてくれます。

それを後押ししてくれるのが、柔軟な発想・計画・マーケティング・
営業・PRなどのビジネススキル。ビジネスパーソンこそ、「新・兼業農家」
に向いているのです。

本書で提唱する「コンパクト農家」は、ビジネス⾯での基準値を「0.5ha(1500坪)で年商1000万」に設定。数多の成功農家に学びながら自身も二拠点生活を営む「インターネット農学校」校長と共に、新時代の農業の始め方について学びます。

著者紹介
井本喜久(いもと・よしひさ)
一般社団法人The CAMPus代表理事/株式会社The CAMPus BASE代表取締役/ブランディングプロデューサー。広島の限界集落にある米農家出身。東京農大を卒業するも広告業界へ。26歳で起業。コミュニケーションデザイン会社COZ(株)を創業。2012年 飲食事業を始めるも、数年後、妻がガンになったことをキッカケに健康的な食に対する探究心が芽生える。2016年 新宿駅屋上で都市と地域を繋ぐマルシェを開催し延べ10万人を動員。2017年 「世界を農でオモシロくする」をテーマにインターネット農学校The CAMPusを開校。全国約70名の成功農家の暮らしと商いの知恵をワンコインの有料ウェブマガジンとして約2000 名の生徒に向けて配信中。2020年小規模農家の育成に特化した「コンパクト農ライフスクール」を開始。農林水産省認定の山村活性化支援事業もプロデュース中。

著者:井本喜久
定価:本体1480円(税別)
発行日:2020/9/1
ISBN:9784295404446
ページ数:256ページ
サイズ:188×130(mm)
発行:クロスメディア・パブリッシング
発売:インプレス

立ち読みする

紙の本を買う

もくじ

はじめに

序章 今「農家」こそ最高の職業だ!
都市と農村、それぞれのよさを組み合わせる働き方
農家=カッコよくて、楽しくて、健康的で、儲かる!
農作物のままだと50万→加工すれば3000万円に

第1章 時代の最先端「新・兼業農家」
従来の兼業農家は「大変かつ儲からない」
パラレルワークで変わる兼業農家のあり方
これからの農家は生産者ではなく、ビジネスパーソン
コロナ騒動がもたらしたもの
新・兼業農家だけが叶えられる生き方
スゴイ新・兼業農家ファイル❶ 農×お金をかけない
「お金はないけど、田舎で農業を始めたい!」というあなたへ
─兵庫県淡路市/菜音ファーム&菜音キャンプ村長 MUDO

第2章「農」という文化価値のオモシロさ
「暮らし」があっての「商い」
暮らしを丁寧にやってみる
食の根源としての「農」
「農」から食卓をデザインする
「農業=商い」としての可能性を考える
スゴイ新・兼業農家ファイル❷ 農×美食
コスト度外視でも大成功。美食を求めて農家になった男
─茨城県鹿嶋市/鹿嶋パラダイス代表 唐澤秀

第3章「コンパクト農ライフ」で可能性は無限大
北海道の広大な農地で気づいた「コンパクトの哲学」
作ったものの価値を最大化させる
小さくても質が高ければうまくいく
0.5haで年商1000万円を基準にする
お金をかけないことでアイデアは湧いてくる
スゴイ新・兼業農家ファイル❸ 農×地域再生
限界集落を輝かせる黄金の絨毯。“三方よし”の商いで全国を耕す
─広島県竹原市/ TAMARIBAプロジェクト代表 井本喜久

第4章「新・兼業農家」の始め方
暮らしのデザインをしよう
思いをアウトプットする
まずはブランドを作る
みんな気にする、土地/栽培方法/設備/補助金
「自分だけの教科書」を作る
スゴイ新・兼業農家ファイル❹ 農×林業
当然のように100年後を見据える。山に流れる“時間”が生んだ革新性
─宮崎県美郷町/渡川山村商店代表 今西猛

第5章「農」が持続可能な社会を作る
都市と農村の良い関係を作る
SDGsにならう2030耕作放棄地ゼロ運動
コンパクトなJAを作る
スゴイ新・兼業農家ファイル❺ 農×パーマカルチャー
自然にも人間にもやさしい暮らしの“仕組み”を作る
─山梨県北杜市/ソイルデザイン代表 四井真治

巻末特典 新規就農Q&A─農家を始めたい人の素朴な疑問─

あとがき

関連記事