人財採用

BLOG, その他

皆さま、クロスメディア・マーケティング広報部です。
今回は企業の人材採用の変化について記載させて頂きます。
それぞれの企業が企業の発展に向けて、新卒採用や中途採用などに力を入れ、競合との採用争いを行っていますが、どの企業も中々の苦戦を強いられている状況だと多くの人事関係者の方々からお聞きします。
それはエンジニア採用を中心にどの業種、職種でも顕著に傾向が出ており、求人メディアに掲載しても、「応募が来ない」「いい人が採れなくなった」など、嘆きの声が多発しております。
そんな中、安定して人材採用を続けている企業も存在しております。
上り
では両者の間にはどのような違いがあるのでしょうか。大きな要因としては情報収集ルートの多様化だと考えられます。採用情報がSNSの普及により求人メディア以外でも取得することができるようになりました。それに伴い、求職者のニーズの変化にも大きな影響を与えるようになりました。それを敏感に感じ取った企業はいち早く、情報発信をターゲット化し、自社のポジショニングを明確にしています。また、自社の情報発信力の強化にも務めています。では、情報発信時に何を伝えているのか。以下にいくつか例を挙げさせていただきます。
「企業としての経営理念の浸透」
「カルチャーフィット、つまり、企業風土」
「求めているスキルの明確性」
上記ビジョンを伝えるためにはどの媒体を使うのかも大切で、例えば、TV、看板広告、新聞広告、フェイスブック、WEB記事など、メディアへの配信がほとんどの方々の頭の中に浮かぶかと思います。ですが、そんな中、今一部の経営者・人事間で注目されている手法として、「書籍」という選択肢もあります。
費用対効果で考えても、より効果的な一つの選択肢として喜ばれています。もし皆さんにもご検討頂けるのであれば、御社の売上の発展にご貢献できるかと思います。
少しでも皆さんの企業の人材確保の戦略の参考になれば幸いです。宜しければ有効活用してみてください。
クロスメディア・マーケティング広報部
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧