糖質オフ効果

BLOG, その他

皆さま、クロスメディア・マーケティング広報部です。

今回は糖質オフ効果についてご紹介させて頂きます。

世間一般の方々にお聞きしてみると、一昔前の経営者の特徴といえば、ふくよかでどっしりしているという回答をよく耳にします。ところが最近の経営者の特徴としては、ムキムキでシュッとしているという回答が目立ちます。

広報担当周辺の経営者を見渡してみても、確かに昔に比べると、シュッとされた方が増えているように思います。

走る二人の影

経営者を取り巻く環境に一体どのような変化が表れているのでしょうか。

時代傾向で見てみますと、世の中は空前の節約ブーム。どこもかしも節約グッズや、節約手法がとりだたされています。女性のみならず、男性までもこぞって節約に取り組んでいます。ひと昔であれば有り金全部はたいて、一晩遊ぶことが、男らしさの象徴だった時代もありました。ですが、現状は家飲みなどリーズナブルに抑えられるような工夫を誰しもが行う時代傾向にあります。

また、節約ブームに加え、健康志向な考え方がどんどん広まっています。暴飲暴食せず、適度な量を適切な時間に。それが結果的に、シュッと感へと繋がっているのかもしれません。

さらに上を目指す、さすがは経営者。節約できて、健康なだけでは物足りず、より筋肉質な体系を求められる方も多くいらっしゃいます。休みの日の余暇に、平日の仕事の合間に、自分のビジネスのみならず自分自身にもこだわっていらっしゃる姿は、公私ともに尊敬に値する存在ですね。

前置きが長くなってしまいましたが、皆さんにもぜひぜひ理想の身体を手に入れてもらいたく、紹介させて頂きたいのが、”糖質オフ効果”です。

皆さんの中にはダイエットのご経験がある方もいらっしゃるかと思います。世の中にはたくさんのダイエット方法がありますが、どれもなかなか成果につながりにくいんですよね。

+++++
<世の中に存在するダイエット一覧>
◆運動系
┣フラフープダイエット
┣ダンス系ダイエット
┣コアリズム
┣WiiFitダイエット
┣ヨガ
┣オチョダイエット
┣ワインオープナーエクササイズ
┣腰回しダイエット
┣骨盤ダイエット
┣踏み台昇降ダイエット
┣バランスボール
┣カラオケダイエット
┣ダンベル体操
┣サウナスーツダイエット
┣自転車ダイエット
┣ピラティス
┣セルライトダイエット
┣リンパダイエット
┣気功ダイエット
┣ボクササイズ
┗足つぼダイエット

◆飲食系
┣きゅうりダイエット
┣黒豆ダイエット
┣レコーディングダイエット
┣50回カミカミダイエット
┣朝バナナダイエット
┣こんにゃくダイエット
┣寒天ダイエット
┣キャベツダイエット
┣ごぼうダイエット
┣きのこダイエット
┣サプリダイエット
┣玄米ダイエット
┣夜トマトダイエット
┣焼トマトダイエット
┣スターフルーツダイエット
┣スープダイエット
┣青魚ダイエット
┣1回1回箸置きダイエット
┣ヨーグルトダイエット
┣トウガラシダイエット
┣チョコレートダイエット
┣海藻ダイエット
┣L-カルニチンダイエット
┣食べ合わせダイエット
┣低インシュリンダイエット
┣週末断食ダイエット
┣りんごダイエット
┣クエン酸ダイエット
┣シェイクダイエット
┣しょうが紅茶ダイエット
┣はちみつダイエット
┣ココア豆乳ダイエット
┣酵素ダイエット
┣ファスティングダイエット
┣水飲みダイエット
┣マイクロダイエット
┣プロテインダイエット
┣プーアル茶ダイエット
┣リンゴ酢ダイエット
┣バナナ酢ダイエット
┣青汁ダイエット
┣テアニンダイエット
┗にがり水ダイエット

◆その他
┣骨盤矯正ダイエット
┣置き換えダイエット
┣耳つぼダイエット
┣つぼ指圧法
┣計るだけダイエット
┣地中海式ダイエット
┣半身浴ダイエット
┣産後ダイエット
┣脚痩せダイエット
┣メタボダイエット
┣満腹ダイエット
┣酵素断食ダイエット
┣お腹インアウトダイエット
┣ぽっこりお腹ダイエット
┣スリミングコスメ
┣アロマテラピー
┣歯ブラシダイエット
┣回虫ダイエット
┣自己暗示ダイエット
┣腕組みダイエット
┣エステでダイエット
┗脂肪を減らすダイエット
+++++

そんな中、ライザップも提唱している糖質オフダイエット。これは、皆さんの身体に大きな革命を起こすこと間違いありません。広報部のメンバーも複数メンバーが実践して、実際に効果が出ています。

やるべきことは至って単純で、”ただただ炭水化物を抜く”。これだけなのです。炭水化物以外であればお腹いっぱいになるまで食べても問題ありません。これをぜひぜひ実践してみてください。1週間、2週間、1か月、2か月と立つにつれて、確実に身体に変化が現れます。

効果が出たらぜひぜひ広報担当にご一報頂けると恐縮です。皆さんの公私が豊かになる情報になれば嬉しい限りです。

クロスメディア・マーケティング広報部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧