企業の経費削減対策法

BLOG, その他

皆さま、クロスメディア・マーケティング広報部です。

今回は企業の経費削減対策法についてご紹介させて頂きます。

会社を経営していく上でお金まわりの考え方はとても大切です。会社として、売上や利益は追求していくもののどうしても、後回しになり、優先順位も下げがちになってしまうのが、経費、つまり、支出の部分だと言われます。

皆さんの企業では、十分に経費削減対策をとられていますでしょうか。

下記、参考になればと思い経費削減対策の中で、効果的だと考えられるものをまとめてみましたので、自分たちにとって一番効果があると考えられるものから導入して頂き、利益率の向上にお役立て頂ければと思います。

$をもつ人

【事務経費、消耗品費】
◆社内書類やその他全て電子化する。
→全てにおいてこれに限ります。モノが存在するからこそ、そのモノのために、さらにモノが必要になってしまいます。モノを減らすことで、全てが綺麗に整います。

【オフィス環境・家賃】
◆空間の無駄を排除する。
→モノが溢れるからこそ、そこに空間が必要となってきます。モノが整理されていれば、空間は不要です。空間の無駄を排除し、場所も含め、最適化を図ることをおススメ致します。

【福利厚生費・研修教育費】
◆維持費がかかるものは内製化しない。維持費がかからないものを内製化する。
→施設などは外部へ、完結型ノウハウは内部へ。そうすることで、身も軽く、会社も軽くなれます。

【旅費・出張費】
◆取捨選別とタイミングを見計らう。
→スケジュール決定時から、必要最低限で費用を見積もり、費用対効果で考えての実行とすれば余分な出費は防げます。

【交通費・通勤費】
◆自転車やジョギングを奨励する。
→社員の健康にも直結しますし、世の中のエコにもつながります。積極的に取り入れている会社は、社員のモチベーションも維持できています。経費のみならずプラスになる選択肢としてオススメです。

【郵送費・通信費・広告費】
◆先入観なく、費用対効果で考える。
→世の中には探せばさらにローコストでハイクオリティーなサービスが存在しています。皆さんが途中でやることは諦めることです。最善を追求すれば、皆さんにとってベストの解につながるはずです。

【電気、ガス、水道等のエネルギー費】
◆時間制限、または、コスト削減アイテムなどの利用
→ダラダラ働く習慣が結果的にコストの高騰を招いていたりします。枠を決めてその中に全力集中、これで削減できるコストはあるはずです。また、世の中にはコストを削減できるアイテムが存在しています。

右肩上がり

別の考え方として、定期的に購入しなければならないものがある場合は、どなたかとまとめて購入するなど、購入の仕方を変更するだけで、大幅にコストを抑えることも可能です。

また、定期的に社内で意見を出し合い、経費削減を加速化すれば、達成した利益率以上を皆さんに還元するなど、資金繰りが良くなり、さらに経費削減も活性化していくこととも思います。

考え方と心掛け次第で大きく変わりますので、皆さんの会社のお金の流れがさらに豊かになれば幸いです。

クロスメディア・マーケティング広報部

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧