2018.02.07

「ストーリーブランディング」セミナー開催!

0207川上様セミナー風景

今週月曜日、コピーライターの川上徹也さんによるセミナーが開催されました。

川上さんはストーリーブランディングの第一人者であり、
「企業」「団体」「地域」などが本来持っている価値を見える化し、輝く方法を個別アドバイスや講演・執筆を通じて提供している方です。

ストーリーブランディングとは、
会社やお店、個人を「物語の主人公」にすることで、ファンを生み出しブランド化する手法です。

今回のセミナーでは、
そのストーリーブランディングを生み出す為に

企業のキャラクターを明確にし、旗印となる強い宣言を持つワザを伝授していただきました!

企業のキャラクターと旗印

この2点がまずはしっかりしていることが大前提。
そうすればきっと共感し、ファンになってくれるお客様が増えるはずです。

格安航空会社のLCCや、剃刀のダラーシェイブクラブなど、実際の企業を例に出して分かり易く解説していただきました。

ファンを獲得する、好きになってもらうというと、万人に受け入れられることに意識を集中しがちですが、
川上さんは「全員から好かれる必要はない、一部の人から好かれればいい。」と仰っていたことに目からウロコでした!

しかし、せっかく出来た旗印や理念も、社内・社外の浸透が疎かになってしまうと意味のないものになってしまいます。

理念は腐りやすく、例えるなら「ぬか床」と同じ。

理念のぬか床を毎日かき混ぜ、すべての商品、サービス、企業全体にまぶしていくことがとても大事だそうです。
共感し、ファンになってもらえるようなストーリーブランディングを確立すれば、モテる会社へ進化すること間違いなしです!

 

価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ

 

関連記事一覧