企業出版とは

(カスタム出版・ブランディング出版)

  • HOME
  • 企業出版とは

企業のマーケティング・ブランディングのために行う書籍の出版のことを、企業出版やブランディング出版、カスタム出版と呼びます。弊社が提供する企業出版サービスは、数々のビジネス書籍を生み出したプロの編集者が、お客様のニーズや課題を懇切にヒアリングし、ご要望に合わせたストーリーで書籍化し、ウェブやリアルの販路を組み合わせて世の中に流通させるマーケティングのソリューションです。

➤ クロスメディア・マーケティングが選ばれる5つの理由
➤ 書籍でマーケティングとブランディングは実現できる!

今はどのような出版形態があるのか?

~企業出版と自費出版、商業出版との違い~

世の中にはたくさんの出版形式が存在しております。ここでは、商業出版、自費出版と企業出版の違いについて解説します。

「商業出版」とは

本の製作費を出版社が負担して作成する出版です。 出版社が負担しているため、主目的は売上ですので売れる企画か否かがポイントになります。 対象となる方々といえば、必然的に過去に実績のある方や有名な方となるでしょう。 また売れるようにガチガチに企画を固めてしまうため、著者としては自由度の低い作品となってしまうことが多々あります。 ただ売れた場合には基本的に印税(一般的には5~8%)が入ってきます。

「自費出版(個人出版)」とは

本の製作費を自分自身で負担して作成する出版です。 自分自身で負担しているため、書きたいことを形にできるメリットがあります。 従って、主な目的は、趣味、または、特定の方々に対する権威付けとなります。 しかし、本が出版社の流通網を介して世の中の不特定多数の方々に届くことはありませんし、 印税を受け取ることもありません。

企業出版と「商業出版」、「自費出版」が違うところはなに?

目的の部分が大きく変わってきます。企業出版は商業出版とは違い、書籍の売り上げは主目的ではありません。企業出版の最大のミッションは、集客・売り上げ増加やブランディングを達成することです。そのために自費出版とは異なり、全国の書店に流通を行い、読者との出会いを生み出します。また、内容もプロの編集者がお客様のニーズ、ビジョンをヒアリングし、広告要素を感じさせずに読者が求めるような書籍を製作します。この編集力と書店展開力を活用する目的の部分が企業出版と他の出版形態との違いです。

企業出版(カスタム出版・ブランディング出版)のメリット

企業出版(カスタム出版・ブランディング出版)を効果的に活用することで、営業、採用、企業ブランディングなど様々な面での課題解決が期待ができます。具体的な効用としては、次の6つのメリットが挙げられます。

戦略・ビジョンの磨きこみ

企業理念や企業戦略が、プロの編集者によって誰にでも伝わるストーリーとして文章化されます。

信頼度の向上

信頼度が高い出版の形で競合優位性を情報発信することで、会社の信用度が高まります。

認知度の向上

大型書店の店頭紹介、新聞掲載、出版セミナー、WEB コンテンツ展開により認知度が上がります。

企業理念の浸透

経営者の考えや理念が、本という形で具現化されることで社内コミュニケーションに役立ちます。

マーケティングツールとしての展開

商品力を訴求するための営業ツールにしたり、商談機会を生み出すきっかにするなどチャンスが広がります。

PR効果の向上

良質な情報として編集された書籍として流通されることで、メディア受けも良くなり、PR 戦略の幅が広がります。

お客様の目的や予算に合わせた効果的な出版方法をご提案可能ですので、
会社の本を出したいとお考えの方はお気軽にご相談ください。

企業出版(カスタム出版・ブランディング出版)おすすめの方

クロスメディア・マーケティングの企業出版(カスタム出版・ブランディング出版)はたくさんのお客様にご満足いただいております。特に、以下の方々からの喜びの声が多く寄せられています。

信頼力を高めたい不動産・ITベンチャー企業の方
権威付けにより依頼を増やしたい士業や医師の方
採用力や営業力UPのために企業ブランディングをお考えの方
ご自身のビジネスの経験やスキルを本として残したい方
信用力を高めたい不動産・ITベンチャー企業の方
権威付けにより依頼を増やしたい士業や医師の方
採用力や営業力のUPのために企業ブランディングをお考えの方に
ご自身のビジネスの経験やスキルを本として残したい方

その他、多くの業種の方にご出版いただきご満足いただいております。

なぜ、今、企業がこぞって書籍の出版をするのか?

モノと情報が溢れる昨今、どの媒体を用いて、どれだけ信頼度の高い情報にアクセスするかが重要となってきております。 皆さんの意識の中でそれを実現する情報収集方法といえば、何を想像されますでしょうか。ここで経営者間でひそかに注目を集めているのが書籍なのです。 出版業界として市場はシュリンクしているものの、出版点数は年々増加しております。 長い歴史を持つ書籍に対する信頼度は依然高いままで、書籍から発信される情報の影響力は絶大です。そこに目をつけた経営者は、営業マンには「営業ツール」として、人事担当には「採用・育成ツール」として、 企画・広報・マーケティング部には、「広告・マーケティングツール」として、書籍を有効活用しております。

創業時の苦労や成功、自社サービスの使い方や思いを一冊の書籍にまとめることで、 影響力を持った状態で情報を広く発信することができます。また、通常の広告媒体ですと、一過性で情報発信後埋もれてしまいがちですが、 より長く多くの人に訴求し続けることができるメディアです。さらに、使い方に応じて、地方での知名度アップや関係者への信頼度アップにも大変効果的です。 適切な媒体を用いて、理念や魅力を伝えることで、競合他社との圧倒的差別化を図り、 共感してもらった状態で、自社へ問い合わせしてもらうために出版をしています。

企業出版(カスタム出版·ブランディング出版)にご興味を持たれた企業の方は、他社実績や、課題・予算に合わせたご活用方法を弊社のブックマーケティングコンサルタントが懇切丁寧にご紹介いたしますのでお気軽にお問合せください。

お客様の声
過去作成した書籍実績