企画・編集力・デザイン性

企業出版で成功するためには本の質が求められます。その本の質を最大限高めるために必要となるのが「企画」「編集力」「デザイン性」の3要素になります。

我々はまず、お客様の事業、目的、成果、そして、期待などを詳細にヒアリングさせて頂きます。 それらをもとに、数多くのベストセラーを手がけてきた編集者たちが見込み客にピンポイントで届くような「企画」へと落とし込みます。 落とし込んだ企画に対して、執筆の得手不得手に依存しないよう、プロの編集者の「編集力」によって、執筆のコツやコンテンツ制作をサポートし、 御社の商品・サービスを魅力を最大限引き出す素材へと変化させます。

最後に、文字だけでは100%執筆者の意図を伝えることは不可能です。また、デザインに関する意見は多種多様で最適な答えを出すのは中々難しいものです。 従って、我々は出版社だからこそもつ全国の選りすぐりの書店員たちの生の声を収集したり、過去から蓄積し続けた集計結果の傾向をもとに、 表紙のカバーやタイトル、イメージなど細部まで拘り、「デザイン性」という形で視覚的に御社の魅力を伝えられます。


書店営業力・流通力

企業出版で成功するためには拡散力が求められます。出版後に御社のビジネスにどれだけ反響をもたらせることができるか、 それはすべて拡散力、つまり、書店営業力と流通力に因数分解できるのです。

我々は全国各地の書店と提携して、強い信頼関係を築いております。 従って、クライアントのニーズに合わせてエリアを指定したり、重点的に流通させたり、臨機応変な「流通力」を持ってます。

また、弊社の「書店営業」のスペシャリストが書店でのPR戦略を立てます。店頭にて並べる棚のジャンルや位置まで細部に拘り、 新聞広告や電車広告なども取り入れることで、より広く拡散するような戦略を立て、お客様のニーズを満たした成功事例も多く存在してます。


経営者視点

企業出版はどんな経営者にもご満足頂ける最強の営業ツールです。

企業の発展を考えるとぜひとも多くの方々にご対応頂きたいのですが、市場価格が高く、中小企業・ベンチャー企業・個人事業主にとってはハードルが高いため、 企業出版を諦める経営者が後を絶ちません。

弊社は、これまで出版をしたくても費用面で諦めていた方々へ、商業出版と変わらない企画、編集力、デザイン性、 書店営業力、流通力を携えて、90万円という低価格からプラン二ングしております。そして、ニーズに合わせてお客様一人ひとりの体にピッタリあった オリジナルのプランをカスタマイズしております。 大手では1度出版する金額で何度も出版し、企業の発展に役立てて頂けており、リピーターも多く喜ばれています。


なぜ、今、企業がこぞって書籍の出版をするのか?

モノと情報が溢れる昨今、どの媒体を用いて、どれだけ信頼度の高い情報にアクセスするかが重要となってきております。 皆さんの意識の中でそれを実現する情報収集方法といえば、何を想像されますでしょうか。

ここで経営者間でひそかに注目を集めているのが書籍なのです。 出版業界として市場はシュリンクしているものの、出版点数は年々増加しております。 長い歴史を持つ書籍に対する信頼度は依然高いままで、書籍から発信される情報の影響力は絶大です。

そこに目をつけた経営者は、営業マンには「営業ツール」として、人事担当には「採用・育成ツール」として、 企画・広報・マーケティング部には、「広告・マーケティングツール」として、書籍を有効活用しております。

創業時の苦労や成功、自社サービスの使い方や思いを一冊の書籍にまとめることで、 影響力を持った状態で情報を広く発信することができます。

また、通常の広告媒体ですと、一過性で情報発信後埋もれてしまいがちですが、 より長く多くの人に訴求し続けることができるメディアです。

さらに、使い方に応じて、地方での知名度アップや関係者への信頼度アップにも大変効果的です。 適切な媒体を用いて、理念や魅力を伝えることで、競合他社との圧倒的差別化を図り、 共感してもらった状態で、自社へ問い合わせしてもらうために出版をしています。